学校の健康診断について

学校では学年が変わる時や、新学期になるときなどに健康診断があります。子どもたちの成長などを確認するためにも、とても大切なことの1つです。健康診断では、身長体重、胸囲、座高、視力、聴力など、そして医師からの内診が基本となっているでしょう。年に1回くらいは、尿検査などがあり容器を持って帰って来るので、次の日の朝一の尿を摂取し提出するといった検査もあります。このように、子どもたちの健康管理はしっかり行わなくてはなりません。学生という成長期でもある時期でもあるので、一人一人の状態を学校側も把握しておきたいものです。

子供の健康診断を受ける必要性

子供たちは健康診断を必ず受けなければならないことはご存じですか。その理由は学校保健安全法で決められており年1回は受けなければいけないのですが、1番大きな理由は、家庭では気づきにくい病気を健康診断によって早期発見し、早期治療をするためでもあります。また、最近では給食を食べて食物アレルギー症状により学校で死亡する例が非常に増えています。そのため、子供たちの持病に教師が迅速に対処するために、常に子供たちの健康状態を知っているが重要です。だからこそ教師全体で子供たち一人一人の健康状態を共有し、把握する必要があります。

子供の健康診断情報