マンツーマン指導の家庭教師

最近の進学塾や学習塾の傾向は、一斉指導から、個別指導が主流になりつつあります。しかし、個別指導といっても完全なマンツーマン指導ではありません。その点で家庭教師は、完全なマンツーマン指導ができるため、生徒の学力をのばすことができます。また、生徒一人一人の学力の状態を把握して、学習カリキュラムを組むことができる強みもあります。そうすることで、学習の積み残しがなく、基礎から応用問題まで全般を通して学力が身に付きます。家庭教師の場合は通う必要もありません。

予備校で学ぶことがある

予備校に通って勉強をすることがすべてではありません。特に、アルバイトや恋愛など、社会に出てから学ばなかったら困ることがたくさんあるのです。勉強ばかりがすべて、いい学校に進学することがすべてと考えがちですが、それは本人のエゴなだけであり、社会の評価は必ずしもそれが正しいとは言えません。予備校に通おうが、中卒だろうが立派な人は立派なのです。どこの出身の人かは社会に出てから一人一人聞く人はいません。話の流れで聞くことはあっても、面接の時を除けば、そのような話題にはなかなかなりません。

子供の健康診断情報